ぺこおばさんの気まま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 母が永眠しました

<<   作成日時 : 2017/06/13 17:39   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 24

          今朝突然様態が変わり、あっという間に逝ってしまいました

    お腹が痛いって苦しみだしてたった15分くらいで意識が無くなりそのままでした

              昨夜まで元気でしたので、まさかのお別れでした

                    取り急ぎお知らせしています

               また落ち着きましたらご挨拶させて頂きます


            今兄と二人で母のそばで、何をするでもなく・・・・・・

             不思議と涙が出ませんせん、なぜなんだろう?
   
          葬儀の準備やこれからの事、漠然と考えてるのに

            いつもと同じ夕飯を食べてドラマを見ています























月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
突然の訃報に驚いています・・
心からお悔やみ申し上げます。
ブログだけでの長いお付き合いですが
いろんなお母様の様子も
うかがい知ることができていました
立派なお母様でしたね、
天寿を全うされたと思います。
お兄さんもぺこさんも精一杯の看病されて
最後も家で看取られて立派ですよ・・中々できないこと
されてきたと思います、お疲れさまでした。
そうそう涙は後からつーーーんと
止めどなく出てきます。
ケロッチ
2017/06/14 10:02
ま〜ぁ 何と…。
ご愁傷さまでございます。
ぺこさんとお兄様の献身的な、それ以上の介護でどんなにお母様はお幸せだった事かと思います。
ぺこさんが「不思議と涙が出ません」と仰るのは簡単に涙が出ない程のお世話をされたからだと思います。
どうぞ、ぺこさんがガックリされません様に…。
イエティ1号
2017/06/14 19:49
おはようございます。
お母さまのご冥福お祈りします。
今は気をはってるので
涙は出ないと思います。
私がそうでした。
後からきますよ。
一生懸命お世話されて中々できることじゃ
ないですよ。
ぺこさんお疲れがでませんように。
☆おばちゃま
2017/06/15 05:03
お母様のご冥福をお祈りいたします。
一番悲しい時は 涙 出ないことが多いですよ。
ぺこさんの悲しみが 大きかったということでしょう。
これから 日がたつにつれ 悲しみがじわじわと わいてくると思います。
どうぞ お体を壊しませんように。
あさがお
2017/06/15 20:35
ケロッチさんへ

いつも母の記事で色々と励ましてくださったり
愚痴を聞いていただいたり、お世話になりました

無事葬儀を済ませて、家に帰ってきました
母は状態も安定してきて落ち着いていて
介護もかなり楽になってきた矢先のことで
未だに、何がなんやら、はっきりした原因も
分からず、母らしくあっさりと逝ってしまいました
兄は身内の私が言うのもなんですが
ホントに優しく接してくれて母は幸せだったと思います
先ほどから少し疲れが出たのか少し寝て
今パソに向かっています
兄と二人でビールを飲みながら母の祭壇の前で
ただ、黙ってテレビを見ていました
私達兄妹ふたりだけの夜になりました
ありがとうございました<m(__)m>
ぺこ
2017/06/15 21:43
イエティ1号さんへ

コメントありがとうございます<m(__)m>

昨日15日無事質素に家族葬を済ませました
どんどん元気になってお別れの日は
まだまだ先だと思ってましたので
未だに涙もあまり出ず、まだ頭の中は真っ白で
先の事など全く考えることも出来ず
ただ時をすごしています
段々寂しくなるのでしょうね
今まで母の記事で色々と励ましてくださって
本当にありがとうございました
これからもよろしくお願いします。

ぺこ
2017/06/16 15:33
こんばんは

お母様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

いつもお元気なお母さんのご様子をブログで拝見していたので、なんだか隣組にいるおばちゃまのように感じていたので、とても驚きました。
でもこういう日は突然やってくるんですよね。
ペコさん、頑張っていらしたから、力も抜けて、何を考えたらいいのかわからなくなってしまっているんでしょうね。
でも仏教だと、まだまだ7日ごとに7週間法要が続くから、もうちょっと頑張らないといけませんね。
お母さんの好きだったもの、用意してあげてね。
ペコさんも、たくさん食べて、この夏を乗り切ってね。
まりん
2017/06/16 19:19
☆おばちゃまさん

コメントありがとうございます
15日お葬式も終え兄と二人で家に帰りました
まだ母が居ないことを実感できずにいます
昨日は一日祭壇をお祀りしたり
あいさつ回りに行ったりとバタバタして
まだ泣く暇ががありません
何かあったら寝れない性分なのにこの2晩爆睡しました
まだ片付けもあるし当分泣かないで済みそうです
ぺこ
2017/06/17 09:24
あさがおさんへ

コメントありがとうございます
父が亡くなった時は離れ住んでたし
まだ息子が小さかったのでろくに介護もしなかったんです
父の時はずっと泣きっぱなしでした。
なのに、母と15年余り暮らしてたのに
寂しい筈なのに何だかまだ寂しさを実感できません
まだまだしなけらばいけない事が沢山あって
それが終わったら寂しくなるんでしょうかね
ぺこ
2017/06/17 09:28
まりんさんへ

ありがとうございます<m(__)m>
長い間母の話にお付き合い下さり色々とアドバイスや
励ましや、応援してくださり、感謝しています

いつか別れが来るとは覚悟してたけど
ホントに15分くらいの間に母は逝ってしまいました
もしかしたらという不安もない位に
元気になってたので何の心構えもしてなくて
ただ、ボーゼンとしてる間に終わってしまいました
葬儀が終わり兄と二人家に帰ったら寂しくて
私は大丈夫かって自分で不安に思ってましたが
まるで感情が無くなったみたいに涙も出てこず・・
これからの法要の事だけ考えています
ただ不思議と良く寝れて、よく食べています
坐骨神経の痛みも相変らずですができる事だけを
何とかしています
ぺこ
2017/06/18 06:12
おはようございます。
気持ち玉頂いてお邪魔しましたらお母様の訃報にびっくりしました。
ご自宅で大切にお世話されて居たのは存じて居ましたが突然の事でさぞ驚かれたこととお察しします。私は母を病院で亡くしたことを今でもふとあれでよかったのかしらと思うことがあります。毎日朝から夕方まで付き添って自分として当時精いっぱいだったと思いこんで居ましたが・・・。
ぺこさんの様にご自宅で最後までお世話された方にはやはり羨ましさと尊敬の念を覚えます。
あまりに急だったのでしなければならないことが山積みで涙は出て来ないのではないでしょうか。一息ついた頃にじわじわと悲しみが込み上げてきますよ。
私は数年経った今でも突然涙してしまうことがあります。やはり母は特別な存在なんですね。
お忙しいでしょうがどうぞお疲れを出されませんようにご自愛下さいね。
のろばあさん
2017/06/18 10:57
のろばあさんへ

去年の10月大腿部骨折し入院手術して2ヶ月で
ご飯もたべなくなり、点滴だけで持ってる状態が続き
胃ろうにすれば家に連れて帰れるという事で
最期は家でと思い胃ろうにして退院しました
その後母はどんどん元気になり歩けなくなったけど
殆ど元の母の状態まで回復しました
5月になってデイケアも行くようになり
安定してきて、介護も水分楽になってきた矢先で
あっという間に逝ってしまいました
まだ、泣けない自分が不思議です
今日は梅を頂いたので梅ジュースを作ったり
母の死を考えない様に泣かない様に
自己防衛?してるのかもしれませんね
まだ現実と受け止めたくないような・・・・
ありがとうございます、今のところ夜も寝れて
ご飯もたべています。
ぺこ
2017/06/18 20:45
こちらにもご挨拶申し上げます。
お母様のご冥福をお祈り致します。
手厚い介護、本当にお疲れ様でした。

涙は、皆さんおっしゃる通り後から来ますよ
泣きたくなったら、思い切り泣いて下さい
さくら
2017/06/19 00:47
お母さまどんどん元気になられていたので、
訃報に接して驚き、何を申し上げたらいいのか分かりません。
いろいろな思いがおありだと思います。
身体的にも精神的にも無理なさらず、ご自愛くださいね。
すずりん♪
2017/06/19 14:38
さくらさんへ

こちらにも有難うございます
5月に入って母は凄く元気になって
リハビリも進んで家の中で少し支えると
二部屋を行ったり来たりできるようになってたし
ポータブルトイレで用も足せてオムツからリハビリパンツにと介護もかなり楽になって来てたんです、食事もちゃんと食べてたし、なので最後の顔は頬もこけてなくてふっくらして、今のも起きてきそうな顔でした
まだ泣けません。兄も私も・・・・
ぺこ
2017/06/20 07:42
すずりんさんへ

コメントありがとうございます。
上のさくらさんへのお返事でも書いたように
母はどんどん元気になってもう介護なんて
言ったら母に怒られるくらいになってました
大きな声で元気で話して、私と口げんかするまでになってました
少し寂しさを感じていますが、まだ泣けないんです
泣き虫で親戚の葬儀では誰よりもなく私なのに・・
有難うございます
坐骨神経痛があってのんびり過ごしています
ぺこ
2017/06/20 07:46
お母様のご冥福を心からお祈り申し上げます
ぺこさ〜ん〜〜
知らぬとは言えご挨拶が大変遅くなり失礼致しました〜
まさか!?
あんなにお元気になられてたのに〜

お寂しくなりましたねぇ〜
お兄様とお二人でご自宅で介護をなさって
お見送りもご自宅で……
お母様はお幸せでしたねぇ〜
急に逝ってしまわれたのは、きっと
お母様のお二人への心遣いかもしれませんね
今は未だお忙しい諸々の事で泣いてる暇もないかも〜
日一日と込み上げてくることでしょうね〜
その時は思いっきり泣いてブログにもぶつけて下さいね
我が家へもどうぞ遠慮なく〜なんなりと〜
ぺこさんの腰痛を一日も早く治りますよう
お祈り申し上げます〜
お兄様共々呉々もお身体大切にして下さいね!!!
 〜お知らせ本当に有り難うございました〜
miki
2017/06/20 11:07
mikiさんへ

お悔やみのお言葉有難うございます
亡くなる直前まで元気で普通の朝を迎えたのに
しばらくしてお腹が痛い〜って言う声で
私は起きて母のそばに駆け付けると
助けて〜痛いよ〜ってお腹を押さえて苦しみだして
10分くらいで意識が無くなりそのままでした

1週間が過ぎてちょっと落ち着いてのんびりしてます
先ほども兄が「不思議と泣けないのは
まだ母の死を受け入れたくないからかな〜」って
なんか二人で呑気に梅ジュースを作ったりしてます
父の時は、お通夜もお葬式もずっと泣いてたのに
mikiはおひとりでお母様の遺影の前でお泣きになってたのでしょうか?
こんなとき一人になるのは耐えられないかも知れませんね
こちらこそ早速のコメントありがとうございました
ぺこ
2017/06/20 15:42
mikiさん、訂正です

>mikiはおひとりでお母様の遺影の前でお泣きになってたのでしょうか?
mikiさん呼び捨てにしてしまい、ごめんなさい<m(__)m>
ぺこ
2017/06/20 19:04
ぺこさん おはようございます

お母様 痛みのない世界へ旅立たれたのですね
十分に看病され 日々少しずつ知らない間に覚悟ができていたのですね

主人の父を亡くした日 不謹慎にも私たち家族は大爆笑で夕食をとっていました
みんな 父の武勇伝や広いやさしさや お茶目なことを思いだしては大笑い
葬儀の日 それまで大爆笑だった義弟が 嗚咽!!!
あとになってなぜ泣いたか自分でもわからないと話していました
息子として 大きな役目を果たしほっとしたのかもしれません
その後 孫以外のところには夢にも出てこず 黙って遺影となって私たちを見下ろしてくれています
今も 大きな大きな存在です
年齢を重ねるにつれ 主人に父に似た面が出始め
その都度父を感じて笑っています

ぺこさん 長い間お疲れ様でした
頑張られましたね
みかんママ
2017/06/21 10:13
みかんママさんへ

コメントありがとうございます<m(__)m>

そうですね〜去年10月大腿部骨折して術後
痛い痛いって点滴の針も入り難くて何度も突かれて
その後も鼻からチューブを入れられたリ
胃に穴をあけて管を入れられたり
95歳という高齢になって随分痛い思いさせてしまって
最期にお腹痛いって苦しんだ時はまた痛い目に合うのかって思いましたがそのまま眠ってしまいました
そうですか〜お父様が亡くなられた日の事
私達と一緒だって思いました
母の亡骸のそばで兄と二人でいつもの食卓につき
お母ちゃん、いつも食べようとしたら起きて
おしっこ〜うんこ〜って食べてる時言うなよ〜って
よく言ったけどお母ちゃん我慢して待ってたんかな〜
とか言いながらおかしくて笑っていました
今日葬儀から1週間経って
母が通ってたデイがある病院に診察に行きました
そこで、デイで仲良しだったお婆ちゃんに会って
寂しくなったよ〜って泣かれて、初めて嗚咽が出て
しばらく泣きました、次々と看護師さんや介護士さんが
優しくて可愛いお婆ちゃんやったね〜って泣くので
私はもらい泣き?して、今日初めてちゃんと泣いたんですよ
まだ祭壇に遺影があって周りに花がいっぱいです
母がデイからただいま〜って帰ってくるような
そんなことないけど、そんな気がしています

ありがとうございます<m(__)m>
私は頑張らない介護でしたので母はイライラしたと思います
今はどんな時も笑顔で介護してくれた兄に感謝の気持ちでいっぱいです
ぺこ
2017/06/21 17:33
こんにちは
初めてコメントさせていただきます
オリーブさんのブログから来させていただきました

お母様大変でしたね
寂しくなられたことと思います
実は私も昨年母を突然亡くしました
前日まで元気にしていたのですが
・・・・なかなか受け止めることができませんでしたが
皆さんにみんなが憧れる逝き方・・・本人にとっても残されたものにとっても
と言っていただきました
徳のある方・・・と
そう思うと少しは楽になれました
お疲れが出ませんように・・・

すみません
突然のコメントで
kimi
2017/06/22 10:29
kimiさんへ

初めまして、コメントありがとうございます

そうですか〜お母様去年亡くななられたのですね
お寂しくなりましたね〜母親は幾つになって
居てほしいですが、いつかはお別れが来るのですね

母は享年97歳で大往生と言えると思います
私も60半ばになるまで母が居てくれて幸せでした
去年10月大腿部骨折してからは寝たきりになり
途中で胃潰瘍で食べれなくなったり・・・
それでも胃ろうにまでなった母が口から食べるようになり
車いすでもデイに行けるようになり
元気で話すことも出来るようになり
もう大丈夫と安心した矢先で未だに信じられません
でも、もう手術や注射や痛い思いせず
逝ってくれたので、よかったかなって思います
有難うございます、またお越しくださいね
ぺこ
2017/06/22 16:52
気持ち玉下さった皆様へ


おはようございます

母が逝って10日が過ぎ少しづつ寂しさを感じてはいますが
未だに泣くことが出来ません
まだ、母は遠くに行ってないのです
私の近くで一緒にいる気がしています

訪問下さり、気持ち玉を入れて下さり
有難うございました<m(__)m>
今まで母の記事も沢山読んで頂いて感謝申し上げます
ぺこ
2017/06/23 06:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
母が永眠しました ぺこおばさんの気まま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる