ぺこおばさんの気まま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の復活

<<   作成日時 : 2017/04/06 20:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 15

画像




去年10月22日母(95歳)は転倒して大腿部骨折しました

即、手術入院となりました

大腿部に金属を入れて固定する手術でありふれた手術でした

術後2日目からリハビリが始まったものの

全く、食事を受け付けず、ほぼ点滴だけで2週間が過ぎたころ

胃潰瘍と判明し、整形外科病院から内科の病院に転院

酷い貧血で輸血、ほとんど口から食事を摂れず点滴に頼って2週間

点滴の針もなかなか入らず、入っても自分で抜き取ってしまうので

鼻から流動食を入れる事になったものの、また鼻のチューブも抜いてしまうので

とうとう胃ろうにという事で、兄と悩んだ末胃に管を入れて流動食を入れる事になり

正直いつどうなるか分からない状態でしたので

兄の希望もあって、最後は自宅で過ごさせてあげようと、在宅介護に踏み切り

12月クリスマスの日に自宅につれ帰りました

年末年始病院も介護サービスも受けられず、無我夢中の1週間でした

毎日いつお腹の管を抜かれるかひやひやしながらの介護は大変でした

1月2月と毎日毎日夜もまともに寝れない日々が続きいつまでこの生活が続くのかと・・・・

3月に入って母は口から食事も順調に食べてくれるようになり

とうとうお腹の管を、自分で抜き取りましたが

食事もとれてる事だし、もう胃ろうの必要もないだろうという事で無事管は取れました

4月に入ってデイケアに復活するまでに回復しました

半年ぶりのデイケアでちゃんと過ごせるか心配しましたが

デイケアから帰ってきた母は上機嫌で「学校に行ってきたよ〜楽しかった」って言ってました

週2回のリハビリの成果もあって、ポータブルトイレに用を足せるまでになりました

体重もすっかり戻って、体調も安定してきました

去年胃ろうは延命措置なのかもしくは生きるための治療なのか

95歳の母に苦しい思いをさせてまで・・・・と随分悩みましたが

兄は「元の母に戻る可能性がある以上胃ろうは治療であって延命ではない」と言い続けていました



というわけで、私はまた母と当分暮らしていくことになりそうです


先月、息子一家は新居のある新しい土地に引っ越していきました

以前の様におかずを作って届けたり、買い物の途中にちょっと

孫の顔を見に行くことは出来なくなりました

みーちゃんもゆーちゃんも来週から保育園に行くので土日にならないと来れないし

私は私で、痛い腕と腰と膝を抱えながら、何とか母の介護してゆきます

ブロ友の皆様色々母のご心配頂きましたが、母はめっちゃ元気です

但し、認知症はぐ〜〜んと進んでいます

まるで3歳児のような母がちょっぴり可愛く思える今日この頃です


気が付けばさくらの季節になりましたね

画像


去年撮影した桜です










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます♪

認知症については、経験がないので何も言えないんですが、TVとかの知識で察する限りでは、ペコさんずいぶんご苦労されているんでしょうね。・・・・・
気の休まる時がないかもしれませんが、せめてお母さんのデイの日はのんきに過ごせるといいですね。

息子さんたちがしっかり独立されて、喜ばしいことでも、ちょっぴりさみしくもあって複雑ですね。
でもお孫さんたちと会うのが前よりずっと楽しみになりますね。
東京では桜が満開という報道ですが、この辺はまだまだです・・・

まりん
2017/04/07 06:27
おはようございます^^
ぺこさんとお兄さんの在宅介護も4ヶ月目ですね・・
凄いなぁ〜わたしだったらきっと放りだしてます
気管切開とか胃瘻はほんとにむずかしい決断ですよね・・
義母の転院先を何件か探した時に
老人病棟で寝かされたまま生かされてる人たちがいて
主人と「こうなってまで生かされたくないね」って、
話してた時もありました。
みーちゃんとゆーちゃん
今度はいつ会えるのかな??
たまに会うのでいいですよ〜(^_^;)。。
うちの孫っちは、毎日写メか動画か
電話がくるので毎日会ってるみたいです
疲れなくていいです〜ヾ(≧∇≦)。

ケロッチ
2017/04/07 09:09
こんばんは♪
驚いています!!
胃ろうへの考えが大きく変わりました。
最初の時、お話を伺ったときは正直心配でした。
お兄様とペコさんの、お母様に対する深い愛が奇跡を呼んだのだと感じました。
ベビーギャングとも呼ばれる3才児のお母様との生活は大変の一言では済まないとは思いますが、その分可愛いとの思いもあるのでしょうね。
デイケアーの日に少しでもゆっくりとできると良いですね。
余談ですが我が家の双子の孫が、みーちゃん、ゆーちゃんです。
高校生になり、忙しく中々遊んでもらえなくなりましたがたまに会っての笑顔が嬉しいですね。
まきちゃん
2017/04/07 22:48
まりんさんへ

認知症も色々な症状があるのでしょうが
母は最近元気すぎて(;^ω^)
一日中大きな声でワーワー言ってます
困るのは「馬鹿たれ〜馬鹿やろ〜!」
「お茶持ってこい!」等の乱暴な言葉使いです
先ほども訪問入浴のスタッフに
ばかやろ〜来るな〜帰れ〜風呂嫌いじゃ〜って
悪態つきまくりでした(;^ω^)
認知症になるまでこんな言葉を母の口から
聞いたことは無かったのでびっくりです
兄にもこんな感じですが
兄は終始ニコニコしてそうかそうかって言ってます
私は出来ません、怒ります

昨夜みーちゃんから電話が着て
ばあば〜月曜日から保育園にいくよ〜
新しいお家ばあばとこから遠くなったから
毎日電話するよ〜桜咲いたらお花見行こうねって
来週お花見が今から楽しみです♪
こちらは3分咲きくらいかな〜?
ぺこ
2017/04/08 12:26
ケロッチさんへ

無我夢中の4ヶ月目です
兄が居なければ絶対無理ですよ〜
私は1日一回は怒ってるし、もう何で在宅介護なんか
しないといけないんやろ〜って心で叫んでいます
4月になって今までの疲れが出てるのか
骨折した腕が痛むし、体中の節々が痛くて
ここ何日か痛み止め飲んでなんとか耐えてます(;^ω^)

父も自宅介護5年、母と兄がしました、もう23回忌です
父も気管切開して8ヶ月病院で何度も危篤状態になりました
その後在宅介護になり鼻からの流動食になり1年過ぎて
見事口から食事ができるようになり4年過ごしました
父は70代で認知症はなかったです
父も母も意識があり回復の見込みがあったので
気管切開や胃ろうを選んだのですかね?

息子一家が引っ越しの時3日連続で我が家で過ごしました
もうくたくたでした、思わず10日に一回くらい来て
くれたら十分だなって思いました
最近みーちゃんもよく電話くれます
昨夜も、ばぁば〜遠くなってしまったね〜って
また桜咲いたら行くよ〜と言ってました
ぺこ
2017/04/08 17:02
淡々とお母様の半年を振り返っておられますが、
想像を超える大変な日々だっただろうなとお察しします。
こうして思い返して文章にすることは心のうちの整理になって
前に進む糧になるような気がします。
まだまだ大変な日々でしょうが、
みーちゃん、ゆーちゃんのかわいい言葉と笑顔が励みになりますよね。
すずりん♪
2017/04/09 00:17
こんにちは。
こうしてぺこさんのお話を聞いていると(聞いている様な気がしてますので)本当にお母様の命をお兄様とぺこさんが全力で救ったのだなと思います。
それはやはりお母様を思う愛情以外には無い様な気もします。
私には既に父や母はこの世におりませんが、同じ様な事だったら果たしてぺこさん達の様に出来たかしら、と思います。
ぺこさんがこうして書かれていらっしゃる以外にどんなに壮絶な出来事があるのかと想像もしますが、きっと私には分からないそれ以上の事が沢山おありなのだろうと思います。
でもお母様がお幸せでいらっしゃる事は間違いありませんね。
イエティ1号
2017/04/09 10:32
すずりん♪さんへ

半年経ったので、ちょっと整理して書いてみました
頻度は減ってきましたが夜中何度ももういやだ〜って
泣きわめいています、実は昨夜も大泣きしました
母はこの何日か興奮状態が収まらず
夜中と言わず昼間と言わずギャーギャー大声で
わめいて夜中腕と背中の痛みで寝れないうえに
母が「起きろ〜お腹すいた〜起こして座らせて〜」等
朝の4時からずっと兄が起きて朝ごはん食べさすまで
わめいて、もう堪らず泣きました
今現在午後4時半くらいです
朝の4時から未だに、叫んでいます
このコメント打ってる横でわめいています

すずりんさんのブログ拝見しましたが
私よりもっともっと泣き叫びたい時もあることとお察し致します
私は泣けるだけまだマシなのかもしれませんね
こんなこと言ってしまってごめんなさいね
ぺこ
2017/04/09 16:23
イエティ1号さんへ

兄はともかく私は母の命を必死で守ろうなんて
立派なことは一度も考えたことはなくて
兄に言われるがまま、時には反発しながら4ヶ月が過ぎました
精神的にも肉体的にも兄と同じではないので
私は3日に一度はもうこの家から出たいって思います
すずりんさんへのお返事にもあるように
今朝の明け方4時ごろ、大泣きしてしまいました
兄がびっくりして私の寝てるところに来ましたが
泣き止むことは出来ず泣き続けていました
今も母は寝ずに大声でわめいています
たまりかねて、二階の部屋に布団を敷いて横になりましたが
やはり気になって眠れずいまパソに向かっています
母のベットの真横にパソをおいてるので
私がタイプを打つのを母は見ています
不思議とタイプ打ちしてる時は静かなんです

皆さんにお母さんは幸せですねって言って頂きます
私はいやいや介護してますが
兄はホントに一度たりとも怒らず優しく接してるので
母は幸せだと思いますって答えます
ぺこ
2017/04/09 16:33
まきちゃんさんへ

ごめんなさいね、順番が後になってしまいました

私達が一番驚いています
胃ろうからの復活って10人中一人あるかないかっだって
介護スタッフの方が言ってました
3歳児と言えば孫が3歳半なんですが
孫の方がよほど訳が分かっています
大きな声で歌ったり「お母さ〜んごはん〜」
ひ孫のおやつを半分くれ〜とか言ってる母は3歳以下ですかね
記事では可愛く思うって書きましたが・・・・・
デイケア何とか行けそうなのでホッとしています
そうですか〜
お孫さん双子ちゃんですか〜可愛いですね
ぺこ
2017/04/09 16:52
こんばんは。
介護お疲れ様です。
ぺこさん、お兄さん気力で持っている感じでは?
お母様がデイの時は少しゆっくりして下さいね。

4月1日に80歳新人入居者さんが入って来て、認知症ですが、
初日に思わず「背が高いんですね!」って小さい私は背が高い人は
本当に羨ましいので言ったんですが、
「そうよ、馬鹿やろう!」って言われて「え?」って
目が点になりました。
そのくらいの時代の人って背が高い女性は、ハンデだって思っているかもって
スタッフに言われました。
その方、平常心の時は穏やかで優しいですね。
認知症でも色々ですね。
さくら
2017/04/10 23:16
さくらさん

有難うございます
兄は私より心身ともに健康ですが
さすがに年齢には勝てず最近気力が弱っています
夜中母が大声で騒いでても対処できなことも増えています

何なんでしょうね〜認知症になったら
和歌山人はアホ〜は言うけどバカって言わないのに
うちの母の口からばかやろ〜って
言葉が出てくるって思いもしなかったです
施設で働いてる知人に聞いたのですが
教師やお寺のお坊さんなど、賢い見本に
ならなくてはならなかった人ほど
認知症になったら乱暴になるみたいです
勿論そうじゃない方もいます

私の若いころでも身長の事でよくからかわれました
両親だけは背が高いことをいつも褒めてくれたので
何とかコンプレックスにならず済みました
でも今でも人中に行くと目立たない様に
背を丸めてしまいます
ぺこ
2017/04/11 13:36
こんばんは
お母様が転倒されてからの今日、ぺこさんとお兄さんは本当によく頑張られましたね。もちろん認知症とはいえ、お母様もどんなにか辛い日があったと思います。言葉遣いが変わってしまわれたとか?皆さんに甘えておられるのでしょうね。義母は94歳で他界するまで、しっかりとしておられたので、助かりました。心不全で亡くなってしまって、看病することもなく、楽させてもらったのだな〜と感謝しております。息子さんの新居が完成されたそうで・・・会いに行きたいですね。もうお母様が元気になられたから、これからは安心して遊びにいけますように〜
ぺこさん、何かストレス発散されておられますか?お孫さんたちと楽しくお花見に行けますように・・・ちょっとのんびりしましょうよ♪ 
オパール
2017/04/11 22:02
オパールさんへ

無我夢中の半年でした
今も毎日毎日試行錯誤しながら何とか過ごしています
認知症になってる人にどんな気持ちなのか
聞くことは出来ませんから母の苦悩は計り知れません
大声でわめくのも口汚くなるのも何かのサインかも知れませんね
引っ越してから半月あまりですがまだ息子の新居に
行くことが出来ません、孫たちも機嫌よく保育園に
行けてるか心配ですが、電話する余裕もありません
相変らず夜中寝させてくれないので体調がすぐれず
出かける体力気力がありません(;^ω^)

私の姑も午前中買い物に行けたくらいなのに
午後に急死したので、看病は出来ませんでした
その時は周りの人たちにあなたは楽できたねって
言われましたが、今はつくづくそう思います

こちらは今桜が満開です
お花見今年はいけるかな〜?
ぺこ
2017/04/12 20:55
お母様 お元気になられてよかったですね!
ご自宅に連れて帰っていらしたのが 功を奏して
ですね

ただ 認知症は進まれてるんですね…
ぺこさんとお兄様の負担を思うと 複雑な気持ちです

くれぐれも体調に気を付けられてお過ごしください
おとめ
2017/04/19 12:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
母の復活 ぺこおばさんの気まま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる